研究業績

【Contents】
原著論文 (2017- )
著書・総説・分担執筆原稿など (2017- )
その他(学会報告, エッセイ, 企画など) (2017- )
受賞・表彰など (2017- )
特許 (Patents)  (2017- )

◎松本章一 2013-2017の業績は右をクリック 松本論文リスト 2013-2017 

◎松本章一 2013以前の業績(1983-2013@大阪市立大学)は ここをクリック

原著論文 (Original Papers, 2017- )

2018

  • Dissimilar Materials Bonding Using Epoxy Monolith, Y. Sugimoto, Y. Nishimura, F. Uehara, and A. Matsumoto, ACS Omega, 3(7), 7532-7541 (2018) [DOI:10.1021/acsomega.8b00920]
  • Design of A High-Performance Dismantlable Adhesion System Using Pressure-Sensitive Adhesive Copolymers of 2-Hydroxyethyl Acrylate Protected with tert-Butoxycarbonyl Group in the Presence of Cross-linker and Lewis Acid, M. Iseki, Y. Suzuki, H.Tachi, and A. Matsumoto, submitted
  • Phase Separation during Bulk Polymerization of Methyl Methacrylate, Y. Suzuki, D. Cousins, Y. Shinagawa, R. Bell, A. Matsumoto, and A. Stebner, Polym. J., in press [DOI: 10.1038/s41428-018-0142-7]
  • Heat-Resistant and Transparent Orginc‒Inorganic Hybrid Materials Composed of N-Allylmaleimide Copolymer and Random-Type SH-Modified Silsesquioxane, R. Oban, K. Matsukawa, and A. Matsumoto, J. Polym. Sci., Part A: Polym. Chem., 56(20), 2294-2302 (2018) [DOI: 10.1002pola.29202]
  • Synthesis of Transparent Block Copolymers Consisting of Poly(Diisopropyl Fumarate) and Poly(2-Ethylhexyl Acrylate) Segments by Reversible Addition-Fragmentation Chain Transfer Polymerization Using Trithiocarbonates as the Chain Transfer Agents, K. Takada and A. Matsumoto, J. Polym. Sci., Part A: Polym. Chem., 56(22), 2584-2594 (2018) [DOI:10.1002/pola.29240]
  • Rapid Optical Tissue Clearing Using Poly(Acrylamide-co-Styrenesulfonate) Hydrogels for Three-Dimensional Imaging, Y. Ohno, I. Nakase, A. Matsumoto, and C. Kojima, submitted
  • Effect of Glass Transition Temperature on Heat-Responsive Gas Bubbles Formation from Polymers Containing tert-Butoxycarbonyl Moiety, M. Iseki, Y. Hiraoka, C. Jing, H. Okamura, E. Sato, and A. Matsumoto, J. Appl. Polym. Sci., 135(19), Article No. 46252 (2018) (7 pages) [DOI:10.1002/app.46252]
  • アンカー効果を利用した金属樹脂接合に用いるエポキシモノリスの材料設計, 杉本由佳, 松本章一, ネットワークポリマー, 39(2), 63-72 (2018)
  • Photo-thermal Dual Curing of Polysilane/diarylfluorene Blends: Fabrication of Films with High and Tunable Refractive Indices, H. Okamura, A. Matsumoto, K. Minokami, and S. Miyauchi, J. Photopolym. Sci. Technol., 31(4), 503-510 (2018)

2017


 

著書・総説・分担執筆原稿など (Books & Reviews, 2017- )

2018

リビングラジカル重合による透明耐熱アクリル系ブロック共重合体の合成,髙田康平,辻 渚,鈴木祥仁,松本章一,高分子論文集(総合論文),特集号「ブロック共重合体」投稿中

反応性高分子を利用する易解体性接着材料設計: 解体メカニズムの観点から,佐藤絵理子,松本章一,科学と工業92(1), 7-12 (2018)

耐熱性透明ポリマー材料の設計,松本章一,工業材料,特集「透明ポリマー材料と次世代光技術」,66, 4月号, pp. 38-43 (2018)

マレイミド共重合体の合成と耐熱ポリマー材料設計への応用,松本章一,マテリアルステージ,18, No. 4 (7月号), pp. 51-56 (2018)

エポキシモノリスの異種材料接合への応用,松本章一,プラスチック, 69, No. 10, pp. 38-43 (2018)

マレイミド共重合体/シルセスキオキサン高透明ハイブリッド材料,松本章一,『高耐熱樹脂の開発事例集』(第2章 ビスマレイミド反応による高耐熱樹脂の設計, 第3節), 技術情報協会,pp. 78-84 (2018)

リビングラジカル重合による高透明耐熱ポリマー材料の設計,松本章一,『リビングラジカル重合:機能性高分子の合成と応用展開』(第Ⅱ編 機能性高分子開発,第1章),監修 松本章一,シーエムシー出版,pp. 107-120 (2018)

アクリル系透明耐熱ポリマーの材料設計,松本章一,『自動車への展開を見据えたガラス代替樹脂開発』(第1章 ガラス代替樹脂開発, 第4節予定),監修 西井 圭, シーエムシー出版,印刷中 (2018)

 


2017

エポキシモノリスを用いる異種材料接合,松本章一,ネットワークポリマー,38(2), 93-102 (2017)

多孔構造を利用した新規異種材料接合法の開発, 松本章一, ケミカルエンジニアリング62(6), 438-445 (2017)

Developing a Novel Epoxy Monolith Bonding Method for Dissimilar Materials, A. Matsumoto, Convertech International, 2007 March/April Issue, pp. 74-80 (コンバーテック,44, 12月号,pp. 70-75 (2016)の英語版)

アダマンチル基を含むアクリルポリマーの設計と耐熱透明性の向上,松本章一,『機能性モノマーの選び方・使い方 事例集』(第4章 高熱伝導性,耐熱性の向上事例,第8節),技術情報協会, pp. 247-257 (2017)

ラジカル重合を活用した高耐熱透明性アクリル樹脂の設計,松本章一,『光学樹脂の屈折率,複屈折制御技術』(第2章 分子設計による光学樹脂の高屈折化・低屈折化技術,第3節),技術情報協会,pp. 38-47 (2017)

エポキシモノリスの多孔表面を利用した異種材接合,松本章一,『樹脂-金属・セラミックス・ガラス・ゴム 異種材接着/接合技術』 (第3章 樹脂・金属成形品同士の接合をも叶える異種材料接合技術, 第8節 新規高分子材料開発による異種材接合の実現 [2]),サイエンス&テクノロジー, pp. 240-252 (2017)

多孔構造を利用した金属/樹脂の接合技術と適用事例,松本章一,『異種材料の接着・接合技術とマルチマテリアル化』(第2章 凹凸形状,アンカー効果を利用した樹脂/金属の接合,接着技術,第4節),技術情報協会,pp. 73-84 (2017)

光・熱応答性易解体性接着材料の設計,松本章一,佐藤絵理子,『UV硬化樹脂の配合設計、特性評価と新しい応用』(第7章 UV硬化型粘・接着剤,封止材料の設計と耐久性向上,第5節),技術情報協会, pp. 392-402 (2017)


その他(学会報告, エッセイ, 企画など)(Reports, Essay, Editing & Others, 2017- )

2018

白鷺門から続く小径、大好きな風景が・・・松本章一,大阪府立大学全員広報宣言ニュース しゃべるアンテナ,No. 20(2018年11月22日号掲載予定)

リビングラジカル重合の夜明け前(前編),松本章一,近畿化学工業界 (きんか誌),Vol. 70, 8月号, pp. 5-8 & p. 13 (2018)

リビングラジカル重合の夜明け前(後編),松本章一,近畿化学工業界 (きんか誌),Vol. 70, 9月号, pp. 1-4 & p. 9 (2018)

特集「異種材料接着・接合 I,II」の発刊にあたって,小寺 賢,松本章一,日本接着学会誌(巻頭言), 54(5), 168 (2018)

はじめに,松本章一,『リビングラジカル重合:機能性高分子の合成と応用展開』(巻頭言),監修 松本章一,シーエムシー出版 (2018)

図書推薦『虹の解体』(リチャード・ドーキンス著、早川書房),『キリンの斑論争と寺田寅彦』(松下 貢編、岩波書店),松本章一,「読ン得本々:新入生に薦める100冊の本」2018年度版,大阪府立大学学術情報センター図書館・大阪府立大学生活協同組合・大阪公立大学共同出版会 共同企画・制作, p. 16 (2018)


2017

見えないものをみる,松本章一,ネットワークポリマー (巻頭言),38(3), 113 (2017)

「電子材料用機能性接着剤の最新動向」特集にあたって,松本章一,機能材料 (巻頭言), 38, No. 9, p. 3  (2017)

書評『異種材料接合技術, 監修 中田一博, シーエムシー出版』,松本章一,日本接着学会誌, 53, 8月号, p. 35 (2017)

オマージュ そこにあるのは、愛・愛・愛,松本章一,近畿化学工業界 (きんか),69, No. 9, pp. 5-8  (2017)

紫外線・放射線照射による高透明ポリマーの架橋と分解,今泉涼太,岡村晴之,松本章一,古田雅一,大阪府立大学地域連携研究機構・放射線研究センター 平成27年度放射線施設共同利用報告書,pp.15-18, 平成29年3月


受賞・表彰など (指導学生/共著者受賞を含む, 2017- )

2018

片山里紗 大阪府立大学工学域 応用化学分野 応化賞,細胞接着に対するリン脂質模倣ポリマーへの疎水基の導入効果,工学域物質化学系学類応用化学課程 卒業論文発表会,2018年2月28日(54名中4名表彰)

辻 渚 高分子研究発表会(神戸)エクセレントポスター賞,アダマンチル基を含む剛直なポリフマル酸エステルの合成と物性評価,辻 渚,松本章一,講演番号Pb12,講演要旨集 p.180,高分子学会関西支部第64回高分子研究発表会(神戸),兵庫県民会館, 2018年7月13日(ポスター発表113件中9件表彰)

鈴木祥仁 第6回大阪府立大学TT-netワークショップ優秀ポスター賞,3Dプリンタ用の熱可塑性樹脂を目指したバルク 重合とTrommsdorff効果の理解,鈴木祥仁,講演番号10,大阪府立大学中百舌鳥キャンパス学術交流会館多目的ホール,2018年10月24日(発表22件中2件表彰)

大野優太 大阪府立大学 2018年度(前期)学生団体・個人顕彰 (学長顕彰),2018年11月2日(団体2件,個人60件計62件表彰)

辻 渚 大阪府立大学 平成30年度(前期)工学域・工学研究科学生顕彰,2018年11月16日(計16件表彰)


2017

出川佳愛 大阪府立大学工学域 応用化学分野 応化賞, ポリシラン/ジナフチルフルオレン誘導体ブレンドを用いた高屈折率光硬化膜の作製とその屈折率制御, 大阪府立大学工学域 物質化学系学類 応用化学課程 卒業論文発表会,2017年3月1日(66名中6名表彰)

辻村智哉 大阪府立大学大学院工学研究科 平成28年度TOEIC顕彰表彰, 2017年3月24日表彰(工学研究科大学院生10名表彰)

大野優太 高分子学会広報委員会パブリシティ賞,アニオン性ポリアクリルアミドゲルを用いた短時間生体組織透明化プロセスの開発,大野優太,児島千恵,松本章一,講演番号 1PA14(ポスター発表),高分子学会第26回ポリマー材料フォーラム,大阪国際交流センター,2017年11月16-17日(11月1日表彰)


 

特許 (Patents, 2017- )   

特許公報

特許公報 第6333581号 「ジエン系重合体及びその製造方法」, 北川貴裕, 松本章一, 岡村晴之(出願人 東ソー株式会社, 公立大学法人大阪府立大学, 出願番号 特願2014-45232, 出願日 平成26年3月7日, 登録日 平成30年5月11日, 発行日 平成30年5月30日)

特許公報 第6103748号 「粘着剤組成物及び易解体性粘着テープ」, 松本章一, 佐藤絵理子, 森野彰規(特許権者 DIC株式会社, 公立大学法人大阪市立大学, 出願番号 特願2012-229787, 出願日 平成24年10月17日, 公開番号 特開2014-80524 公開日 平成26年5月8日, 登録日 平成29年3月10日, 発行日 平成29年3月29日)

 


海外特許

大韓民国特許, 登録番号 10-1868835 「易解体性粘着剤組成物及び易解体性粘着テープ」(特許権者 DIC株式会社, 公立大学法人大阪市立大学), 登録日 2018年6月12日

大韓民国特許, 登録番号 10-1866756 「粘着剤組成物及び易解体性粘着テープ」(特許権者 DIC株式会社, 公立大学法人大阪市立大学), 登録日 2018年6月5日

中華人民共和国特許, 登録番号 ZL201480017985.7 「粘着剤組成物及び易解体性粘着テープ」(特許権者 DIC株式会社, 公立大学法人大阪市立大学, 公立大学法人大阪府立大学), 発行日 2018年2月6日

 


特許出願(公開分のみ, 上記公報記載分を除く)

公開特許公報 特開2018-127410「硬化性組成物及びその硬化物」, 岡村晴之,松本章一,三ノ上渓子,宮内信輔,川崎真一(出願人 公立大学法人大阪府立大学, 大阪ガスケミカル株式会社, 出願番号 特願2017-020776, 出願日 平成29年2月7日)

公開特許公報 特開2018-58336 「基板複合体及びその製造方法」, 松本章一(出願人 公立大学法人大阪府立大学,出願番号 特願2017-87506,出願日 平成29年4月26日,優先権主張番号 特願2016-92676 「基板-樹脂層複合体及びその製造方法」, 優先日 平成28年5月2日, 優先権主張番号 特願2016-198460 「基板複合体及びその製造方法」, 優先日 平成28年10月6日)

 

◎松本章一 2013-2017の業績は右をクリック 松本論文リスト 2013-2017

◎松本章一 2013以前の業績(1983-2013@大阪市立大学)は 1983_2013publication.pdf