研究業績・論文リスト

【Contents】

以前の業績一覧ファイル・研究紹介ビデオ

業績リス

 ・報道・プレスリリースなど (2020- )
 ・原著論文 (2020- )
 ・著書・分担執筆原稿・総説など (2020- )
 ・その他(学会報告, エッセイ, 企画など) (2020- )
 ・受賞・表彰など (2020- )
 ・特許 (Patents)

アウトリーチ活動 (2021- )

 

以前の業績一覧ファイル

◎松本章一 2020年以前の業績:論文等リスト2013-2020  口頭発表リスト2013-2020
◎松本章一 2013年以前の業績:業績リスト1983-2013@大阪市立大学
◎児島千恵 2019年以前の業績:児島千恵業績(2019以前)  旧児島研HP 

研究紹介ビデオ

・「共連続ネットワークポリマー(CNP)3次元X線CT分析」(2021年, 画像のみ)
・「新規機能性樹脂:易分解性ポリマー材料」(2020年,音声説明入り 2分39秒)
・「残渣フリーの熱分解性バインダー用ポリマー」(2019年,JST新技術説明会)
・「多孔構造を利用した新規異種材料接合法の開発」(2017年,JST新技術説明会)

 

業績リスト (2020年以降)


報道・プレスリリースなど (Press Release, 2020- ) 

2024

・鈴木祥仁准教授が第70回高分子研究発表会(神戸)ヤングサイエンティスト賞を受賞,2024年4月8日(7月に受賞講演)


2023

・大学院生の松並杏友加さんが日本接着学会関西支部若手の会でベストポスター賞を受賞,2023年12月5日(ポスター発表28件中3件表彰)

・獣医学研究科・杉浦喜久弥教授との免疫療法に関する共同研究をプレスリリース, 2023年11月30日

・児島千恵准教授のT細胞への遺伝子導入の最新研究をプレスリリース, 2023年11月27日

・松本章一教授の易分解性ポリマー材料の総説(Polym. J. 全25ページ)がWEB上で公開, 2023年11月22日

・松本章一教授監修の単行本『接着と剥離のための高分子設計と応用』(シーエムシー出版)が発刊, 2023年11月21日

・児島千恵准教授の遺伝子デリバリー用デンドリマーの研究がMacromolecular Bioscienceの表紙に掲載, 2023年11月5日

・大学院生の一藁海都さんと松並杏友加さんが大阪公立大学から2023年度(前期)学生団体・個人顕彰 (学長顕彰) 2023年11月3日(団体1件,個人57件 計58件表彰)

鈴木祥仁准教授が2023年度大阪公立大学若手研究者奨励賞を受賞,2023年8月2日

・児島千恵准教授のPolymer Journal 掲載論文がFeatured Articlesに選出,2023年2月5日まで誰でも論文にアクセス可能, 2023年1月12日


2022

・「Scientific Reports, materials science 部門 2021年度アクセスランキングtop25に選ばれました!」,Rigaku Mail Magazine, Vol.153, 2022年4月27日

・児島千恵准教授のpH応答性デンドリマーの研究がJ. Mater. Chem. Bの表紙に掲載大阪府立大学ホームページ,  2022年4月14日

演習で学ぶ高分子科学 合成から物性まで (松本章一,西野 孝,東 信行 共著)が講談社から刊行, 2022年3月28日

・大学院生 冨永 蓮さんの論文(Scientific Reportsがアクセス数年間ランキング25位以内TOP 100 in Materials Science) , 2022年3月15日

・児島千恵准教授の二重刺激応答性デンドリマーの研究がChemNanoMatの表紙に採用・掲載,大阪府立大学ホームページ, 2022年3月7日

・鈴木祥仁助教が高分子研究奨励賞(高分子学会)を受賞(研究題目:ガラス化近傍における局所的高分子ダイナミクスの解析と制御),5月開催の年次大会で表彰, 2022年3月4日

・「化学変換で多様な機能 大阪府立大 スマートポリマー開発,化学工業日報 2022年1月26日朝刊8面

・「工学×理学 T細胞内部へのデリバリーに成功! デンドリマーを用いたpH応答性デリバリーシステム〈第4のがん治療法 免疫療法の新技術〉大阪府立大学ホームページ・プレスリリース,  2022年1月26日14:00

・「ポリマーの構造を精密に制御:化学変換で様々な機能をもつスマートポリマー材料の開発に成功!大阪府立大学ホームページ・プレスリリースOPU News (English version), 2022年1月24日14:00

Macromolecular Chemistry & Physics, Volume 223, Issue 1 Cover Imageに採択, RAFT Polymerization of 2-(tert-Butoxycarbonyloxy)ethyl Methacrylate and Transformation to Functional Polymers via Deprotection and the Subsequent Polymer Reactions, C. Jing, K. Osada, C. Kojima, Y. Suzuki, and A. Matsumoto, Macromol. Chem. Phys., 223(1), 227001 (2022),  掲載号・表紙, 2022年1月7日


2021

・大阪府立大学の創薬研究が武田科学振興財団・特定研究助成に採択, 大阪府立大学ホームページ, 2021年12月20日

Macromolecular Bioscience, Volume 21, Issue 9 Cover Imageに採択, “Application of Zwitterionic Polymer Hydrogels to Optical Tissue Clearing for 3D Fluorescence Imaging”, C. Kojima, T. Koda, T. Nariai, J. Ichihara, K. Sugiura, and A. Matsumoto, Macromol. Biosci., 21(9), 2100170 (2021). 掲載号・表紙 2021年9月18日, 大阪府立大学ホームページOPU News (English version), 2021年9月21日

「がん組織の透明化、3Dイメージングに成功:大阪府大・児島氏ら、双生イオン型高分子ゲルで」,The Medical & Test Journal 2021年9月11日7面

・「ガン組織を迅速に透明化、3次元蛍光イメージング:新開発の高分子ゲルで成功」,科学新聞 2021年9月3日4面

・「がん組織透明化 大阪府大・住化 高分子ヒドロゲル開発」,日刊工業新聞 2021年8月11日25面、電子版 2021年8月11日5:00

・「第3回 大阪府立大学アカデミア創薬シンポジウム―本格始動!府大創薬―」,大阪府立大学ホームページ, 開催案内チラシ(PDF), 2021年8月6日

・「がん診断技術に革命を起こす!高分子ゲルを用いたがん組織の迅速透明化と3次元蛍光イメージング―高精度ながん病理診断への応用に期待―」,大阪府立大学ホームページ プレスリリース・お知らせOPU News (English version)プレスリリース全文(PDF), 2021年8月3日

・「エポキシモノリスを用いた高強度複合ポリマー材料の開発:X線CTを用いて“壊さない”で内部構造を直接観察」,冨永 蓮,鈴木祥仁,武田佳彦,小寺 賢,松本章一,高分子(委員会だより),70(7), 380-382 (2021)

「モノリスを用いた共連続架橋体CNPの高強度化に成功:X線CTで内部を非破壊観察」,高分子学会 広報委員会プレス発表,2021年5月21日(オンライン),冨永 蓮,鈴木祥仁,武田佳彦,小寺 賢,松本章一,発表題目「エポキシ系共連続架橋体のX線CT解析と高強度化メカニズム」,第70 回高分子学会年次大会(2021年5月26-28日オンライン開催)講演番号 1C21(口頭発表)2021パブリシティー賞ポスター

・Hot Topics: New Design of Tough Materials Using Epoxy Monolith: Co-continuous Network Polymers (CNPs), R. Tominaga, Y. Nishimura, Y. Suzuki, and A. Matsumoto,高分子,70(2),75 (2021)

・「共連続ネットワークポリマーを利用した柔軟かつタフなエポキシ材料の開発に成功大阪府立大学ホームページ OPUニュース, リリース全文(PDF), OPU News (English version), 2021年1月15日

Scientific ReportsOPU News(English version)https://www.osakafu-u.ac.jp/english-news/誌に共同研究論文がオンライン掲載」株式会社リガクホームページ プレスリリース・お知らせ, 2021年1月15日

「共同研究により柔軟でタフなエポキシ材料の開発に成功」株式会社MORESCOホームページ お知らせ, PDF, 2021年1月21日


2020

・アメリカ化学会 Langmuir Cover Imageに採択, “Interfacial Structure Control and Three-Dimensional X‑ray Imaging of an Epoxy Monolith Bonding System with Surface Modification”, Nanako Sakata, Yoshihiro TakedaMasaru KoteraYasuhito Suzuki, and Akikazu Matsumoto, Langmuir, 36(37), 10923-10932 (2020) 掲載号・表紙

・「異種材料接合に重要となる材料の内部や界面構造を非破壊検査法によって解明:3次元X線イメージング法をエポキシモノリス材料に適用 」プレスリリース:大阪府立大学OPU (English version)株式会社リガク株式会社MORESCO, プレスリリース全文 (PDF), 2020年9月25日 14:00

・「府⼤ら,異種材料接合界⾯のX線観察に成功」, OPTRONICS ONLINE オプトロニクスオンライン, 2020年9月28日

・「異種材料接合に重要な材料内部や界⾯構造を⾮破壊検査法で解明 ⼤阪府⽴⼤学」, fabcross for エンジニア, 2020年9月28日

・「MORESCOなど、異種材料接合の接合面を非破壊検査で確認 米学術誌に論文」神戸経済ニュース, 2020年9月28日 23:52

・「府大など、異種材料接合剤の内部および界面構造を非破壊的な直接観察に成功」マイナビニュース, 2020年9月29日 12:28 (マイナビニュース転載 楽天infoseek newsGooニュース,  News Collect, Mapionニュース, BIGLOBEニュース)

「⼤阪府⼤など、異種接合材の内部観察成功 強度の仕組み把握」日刊工業新聞電子版, 2020年10月6日 5:00

・“One-shot radical polymerization for hydrogels”, Advanced Science News, by Laura Mitchell, June 12, 2020

・「生体接触型医療機器コーティング材料の新しい評価法:ポリマーコーティングの2段階の水和挙動を簡単に検出」プレスリリース:理化学研究所大阪府立大学近畿大学・北川鉄工所, 2020年5月13日

・「ポリマーコーティング:「水和」挙動を簡単に評価」, 電波新聞,2020年5月15日 朝刊第4面

「生体接触型医療機器のコーティング材料を簡便に評価できる手法を開発」,MONOist, 2020年5月27日 15:00


原著論文 (Original Papers, 2020- )

2024

  • Changes in the Structure and Physical Properties of Acrylic and Epoxy Adhesives in Response to High-Temperature and High-Humidity Environments, Y. Kamo, K. Kamiyama, and A. Matsumoto, Results in Materials (Elsevier), 21, 100498 (2024) DOI:10.1016/j.rinma.2023.100498 [Open Access]
  • Preparation and Characterization of Acrylic and Methacrylic Phospholipid-Mimetic Polymer Hydrogels and Their Application to Optical Tissue Clearing, N. Dei, K. Ishihara, A. Matsumoto, and C. Kojima, Polymers (MDPI), 16(2), 241 (2024) DOI.org/10.3390/polym16020241 [Open Access]
  • Control of Pore Sizes in Epoxy Monoliths and Applications as Sheet-Type Adhesives in Combination with Conventional Epoxy and Acrylic Adhesives, Y. Kamo and A. Matsumoto, Molecules (MDPI), 29(9), 2059 (2024) DOI:10.3390/molecules29092059 [Open Access]
  • Structural Optimization of Carboxy-Terminal Phenylalanine-Modified Dendrimers for T-Cell Association and Model Drug Loading, H. Shiba, T. Hirose, A. Sakai, I. Nakase, A. Matsumoto, and C. Kojima, Pharmaceutics (MDPI), 16(6), 715 (2024) [Open Access] DOI:10.3390/pharmaceutics16060715 [Open Access] Special issue on “Dendrimers: A Themed Issue in Honor of Professor Donald A. Tomalia on the Occasion of His 85th Birthday for His Outstanding Achievements in Advancing the Field of Dendrimers”
  • Synthesis of Thermosets from Maleimidobenzoxazines and Tetrafunctional Thiols and Their Thermal and Mechanical Properties, M. Takasu, K. Sugiura, S. Sugimoto, Y. Suzuki, and A. Matsumoto, Polym. J., 56(1), 17-30 (2024) DOI:10.1038/s41428-023-00841-1
  • Study on the Deformation and Fracture of Epoxy Monoliths through Mechanical Tensile and Compressive Tests and X-ray CT Imaging, K. Aragishi, Y. Takeda, Y. Suzuki, and A. Matsumoto, Polym. J., 56(5), 529–540 (2024) DOI:10.1038/s41428-023-00872-8
  • Deprotection of the BOC Groups in Poly(2-(tert-butoxycarbonyloxy)ethyl methacrylate) Controlled by the Incorporation of Polymerizable Thermally Latent Acids, R. Akahori, Y. Suzuki, and A. Matsumoto, Polym. Degrad. Stab., 225, 110795 (2024) DOI:10.1016/j.polymdegradstab.2024.110795
  • Attenuated Polyethylene Glycol Immunogenicity and Overcoming Accelerated Blood Clearance of a Fully PEGylated Dendrimer, C. Kojima, J. Yao, K. Nakajima, M. Suzuki, A. Tsujimoto, Y. Kuge, M. Ogawa, and A. Matsumoto, Int. J. Pharm., in press (2024) DOI:10.1016/j.ijpharm.2024.124193
  • マレイミドベンゾオキソジンとチオール変性シルセスキオキサンの付加物から得られる熱硬化物の熱および機械的性質, 杉浦幹太, 鈴木祥仁, 松本章一, 日本接着学会誌, 61(1), 10-18 (2024)

2023

  • Gene Delivery into T Cells Using Ternary Complexes of DNA, Lipofectamine, and Carboxy-Terminal Phenylalanine-Modified Dendrimers, C. Kojima, M. Sawada, I. Nakase, and A. Matsumoto, Macromol. Biosci., 23(11), 2300139 (2023) DOI:10.1002/mabi.202300139 Selected as the cover image of Volume 23, Issue 11, published on November 5, 2023
  • T Cell Association of Carboxy-Terminal Dendrimers with Different Bound Numbers of Phenylalanine and Their Application to Drug Delivery, H. Shiba, T. Hirose, Y. Fu, M. Michigami, I. Fujii, I. Nakase, A. Matsumoto, and C. Kojima, Pharmaceutics, 15(3), 888 (2023) DOI:10.3390/pharmaceutics15030888 [Open Access]
  • Easy Cell Detachment and Spheroid Formation of Induced Pluripotent Stem Cells Using Two-Dimensional Colloidal Arrays, G. Kuno and A. Matsumoto, Macromol (MDPI), 3(2), 224–233 (2023), Special Issue on “Functional Polymer-Based Materials” DOI:10.3390/macromol3020014 [Open Access]
  • Heterogeneities at the Onset of Reaction Acceleration during bulk Polymerization of Methyl Methacrylate Investigated by Small-Angle Neutron Scattering, Y. Suzuki, Y. Doi, R. Mishima, K. Mayumi, and A. Matsumoto, Macromolecules, 56(10), 3731-3738 (2023) DOI:10.1021/acs.macromol.3c00176
  • Fabrication of a BOC-Protected 2-Hydroxyethyl Methacrylate Brush and Deprotection of the BOC Group to Control the Surface Hydrophilicity, Y. Suzuki, A. Matsunami, H. Morito, Y. Kanaoka, K. Satoh, and A. Matsumoto, Langmuir, 39(48), 17216-17221 (2023) DOI:10.1021/acs.langmuir.3c02259
  • Comparative Study of PEG and PEGylated Dendrimer in Their Eutectic Mixtures of Water Analyzed Using X-ray Diffraction and Infrared Spectroscopy, C. Kojima, Y. Suzuki, Y. Ikemoto, M. Tanaka, and A. Matsumoto, Polym. J.55(1), 63-73 (2023) DOI:10.1038/s41428-022-00700-5 Selected as Feature Article [Open Access until 5th February 2023]
  • Analysis of Glass Effect and Trommsdorff Effect during Bulk Polymerization of Methyl Methacrylate, Ethyl Methacrylate, and Butyl Methacrylate, Y. Suzuki, R. Mishima, E. Kato, and A. Matsumoto, Polym. J., 55(3), 229-238 (2023) DOI:10.1038/s41428-022-00700-5
  • Addition Effect of Lithium Chloride on Radical Copolymerization of Lithium p-Styrenesulfonate and Acrylamide, H. Uesaka, Y. Suzuki, S. Ozoe, Y. Shigeta, and A. Matsumoto, Polym. J., 55(10), 1057-1066 (2023) DOI:10.1038/s41428-023-00802-8
  • Radical Copolymerization of Lithium p-Styrenesulfonate Followed by Homopolymerization of A Less-Reactive Comonomer with Spontaneous Delay, H. Uesaka, Y. Suzuki, S. Ozoe, Y. Shigeta, and A. Matsumoto, Polymer, 283, 126280 (2023) DOI:10.1016/j.polymer.2023.126280
  • In vivo Transfection of Cytokine Genes into Tumor Cells Using a Synthetic Vehicle Promotes Antitumor Immune  in a Visceral Tumor Model, S. Watanabe, A. Takagi, E. Yuba, C. Kojima, N. Dei, A. Matsumoto, J. Tanikawa, T. Kawamura, N. H. de Silva, T. Izawa, T. Akazawa, R. Kanegi, S. Hatoya, T. Inaba, and K. Sugiura, FASEB J., 37(11), e23228 (2023) DOI:10.1096/fj.202202036R
  • 分子内および分子間水素結合を有するポリジアセチレンの色調変化と熱安定性, 中村純也, 畑 敏達, 鈴木祥仁, 松本章一, 色材協会誌, 96(5), 155-162 (2023) DOI:10.4011/shikizai.96.155
  • マレイミド共重合体のエステル交換反応とチオール・エン反応による耐熱透明ポリマー材料の合成, 山本紘希, 鈴木祥仁, 松本章一, 日本接着学会誌, 59(10), 329-341 (2023)
  • ポリフマル酸エステルのβ緩和, 鈴木祥仁, 松本章一, 日本接着学会誌(総合論文), 59(12), 403-410 (2023)

2022

  • Carboxy-Terminal Dendrimers with Phenylalanine for a pH-Sensitive Delivery System into Immune Cells Including T Cells, H. Shiba, M. Nishio, M. Sawada, M. Tamaki, M. Michigami, S. Nakai, I. Nakase, I. Fujii, A. Matsumoto, and C. Kojima, J. Mater. Chem. B10(14), 2463-2470 (2022) [DOI:10.1039/D1TB01980E]; as a part of “Bioinspired Surfaces Engineering for Biomaterials”, Selected as the cover image of Volume 10, Issue 14, published on April 14, 2022.
  • RAFT Polymerization of 2-(tert-Butoxycarbonyloxy)ethyl Methacrylate and Transformation to Functional Polymers via Deprotection and the Subsequent Polymer Reactions, C. Jing, K. Osada, C. Kojima, Y. Suzuki, and A. Matsumoto, Macromol. Chem. Phys.223(1), 227001 (2022) DOI:10.1002/macp.202100336Selected as the cover image of Volume 223, Issue 1 published on January 7, 2022 [Open Access]大阪府立大学ホームページ
  • A Naked-eye Colorimetric pH and Temperature Sensor Based on Gold Nanoparticle-Loaded Stimuli-Sensitive Dendrimers, C. Kojima, H. Xia, Y. Yamamoto, and H. Shiigi, ChemNanoMat, 8(3), e202100442 (2022) DOI:10.1002/cnma.202100442, Selected as the cover image of Volume 8, Issue 3 published in March, 2022大阪府立大学ホームページ
  • Microscopic Structure Formation of Poly(methyl methacrylate) via Polymerization-Induced Phase Separation in the Presence of Poly(ethylene glycol), Y. Suzuki, S. Onozato, Y. Shinagawa, and A. Matsumoto, ACS Omega., 7(43), 38933-38941 (2022) DOI:10.1021/acsomega.2c04690 [Open Access]
  • Vertically Aligned and Non-close-packed Arrays of Dumbbell- and Bullet-Shaped Nanoparticles Fabricated via Self-Assembly, G. Kuno, N. Sato, K. Sakaguchi, and A. Matsumoto, Nano Select, 3(2),374-3380 (2022) DOI:10.1002/nano.202100172 [Open Access]
  • Synthesis of a Dual-Color Fluorescent Dendrimer for Diagnosis of Cancer Metastasis in Lymph Nodes, C. Kojima and K. Nagai, Polymers (MDPI), 14(10), 4314 (2022) DOI:10.3390/polym14204314 [Open Access]
  • Control of Stimuli Sensitivity in pH-Switchable LCST/UCST-Type Thermosensitive Dendrimers by Changing the Dendrimer Structure, C. Kojima, Y. Fu, and M. Tamaki, Polymers (MDPI), 14(12), 2426 (2022) DOI:10.3390/polym14122426 [Open Access]
  • Relaxation and Amorphous Structure of Polymers Containing Rigid Fumarate Segments, Y. Suzuki, T. Kano, T. Tomii, N. Tsuji, and A. Matsumoto, Polymers, 14(22), 4876 (2022) DOI.org/10.3390/polym14224876 [Open Access]
  • Precise Control of Dismantlable Adhesion Property of Acrylate Copolymers Containing BOC-Protected Hydroxy Group, T. Sakamoto, Y. Suzuki, and A. Matsumoto, Polymer, 262, 125416 (2022) DOI:10.1016/j.polymer.2022.125416
  • Non-destructive Observation of Internal Structures of Epoxy Monolith and Co-continuous Network Polymer Using X-ray CT Imaging for Elucidation of Their Unique Mechanical Features and Fracture Mechanism, R. Tominaga, Y. Takeda, M. Kotera, Y. Suzuki, A. Matsumoto, Polymer, 263, 125433 (2022) DOI:10.1016/j.polymer.2022.125433
  • Controlled Deprotection of Poly(2-(tert-butoxycarbonyloxy)ethyl methacrylate) Using p-Toluenesulfonic Esters as Thermally Latent Acid Catalysts, K. Osada, R. Akahori, Y. Suzuki, and A. Matsumoto, Polym. Degrad. Stab., 205, 110127 (2022) DOI:10.1016/j.polymdegradstab.2022.110127
  • Bulk Polymerization Kinetics of Methyl Methacrylate at Broad Temperature Range Investigated by Differential Scanning Calorimetry, Y. Suzuki, R. Mishima, and A. Matsumoto, Int. J. Chem. Kinet., 54(6), 361-370 (2022) DOI:10.1002/kin.21564
  • Application of the Water-Insoluble, Temperature-Responsive Block Polymer Poly(butyl methacrylate-blockN-isopropylacrylamide) for Pluripotent Stem Cell Culture and Cell-Selective Detachment, G. Kuno, Y. Imaizumi, and A. Matsumoto, J. Biosci. Bioeng., 133(5), 502-508 (2022) DOI:10.1016/j.jbiosc.2022.02.005
  • Dielectric Relaxation and Glassy Dynamics in Poly(diisopropyl fumarate) and its Copolymers with Acrylate Segments, K. Miyata, J. Yoshioka, K. Fukao, Y. Suzuki, and A. Matsumoto, Polymer, 245, 124671 (2022) DOI:10.1016/j.polymer.2022.124671
  • ナノ粒子配列による凹凸構造の形成と機能性コーティングへの応用,久野豪士,松本章一,日本接着学会誌(総合論文),58(8), 266-272 (2022)

2021

  • Co-continuous Network Polymers Using Epoxy Monolith for the Design of Tough Materials, R. Tominaga, Y. Nishimura, Y. Suzuki, Y. Takeda, M. Kotera, and A. Matsumoto, Sci. Rep., 11, Article No. 1431 (2021) DOI:10.1038/s41598-021-80978-2 [Open Access] 【論文アクセス数3000回突破(2022.1.26)】大阪府立大学ホームページ OPUニュース
  • Application of Zwitterionic Polymer Hydrogels to Optical Tissue Clearing for 3D Fluorescence Imaging, C. Kojima, T. Koda, T. Nariai, J. Ichihara, K. Sugiura, and A. Matsumoto, Macromol. Biosci.21(9), 2100170 (2021) DOI:10.1002/mabi.202100170 Selected as the cover image of Volume 21, Issue 9, published on September 18, 2021 大阪府立大学ホームページ
  • Solubilization of Paclitaxel by Self-Assembled Amphiphilic Phospholipid-Mimetic Polymers with Different Structures, C. Kojima, T. Hirose, R. Katayama, and A. Matsumoto, Polymers (MDPI), 13(16), 2805 (2021) DOI:10.3390/polym13162805 [Open Access]; as a part of Special Issue on “Polymers and Drug Delivery”
  • Polymerization-Induced Vitrification and Kinetic Heterogenization at the Onset of the Trommsdorff Effect, Y. Suzuki, Y. Shinagawa, E. Kato, R. Mishima, K. Fukao, and A. Matsumoto, Macromolecules, 54(7), 3293-3303 (2021) DOI:10.1021/acs.macromol.0c02260
  • Cell Detachment from Monolayer- and Bilayer-types Gold Nanoparticle-containing Collagen Coatings by Visible Laser Irradiation for the Application to Cell Sorting, C. Kojima, A. Kanetsuki, Y. Nakajima, T. Kawano, K. Takatsuka, S. Tanaka, Y. Haraguchi, K. Matsuura, and T. Shimizu, Polym. J., 53(12), 1485–1491 (2021) DOI:10.1038/s41428-021-00527-6
  • Characteristic Features of α and β Relaxations of Poly(diethyl fumarate) as the Poly(substituted methylene), Y. Suzuki, N. Tsuji, K. Miyata, T. Kano, K. Fukao, and A. Matsumoto, Macromol. Chem. Phys., 222(16), 2100124 (2021) DOI:10.1002/macp.202100124
  • Colloidal Crystal Thin Films with Square Lattice Nanoprotrusions Formed by Self-Assembly via Spin-Coating and Heating, G. Kuno, K. Sakaguchi, and A. Matsumoto, ChemistrySelect, 6(37), 9920-9925 (2021) DOI:10.1002/slct.202102835
  • Different Hydration States and Passive Tumor Targeting Ability of Polyethylene Glycol-Modified Dendrimers with High and Low PEG Density, A. Tsujimoto, H. Uehara, H. Yoshida, M. Nishio, K. Furuta, T. Inui, A. Matsumoto, S. Morita, M. Tanaka, and C. Kojima, Mater. Sci. Eng. C, 126, 112159 (2021) DOI:10.1016/j.msec.2021.112159
  • Design of a Dendrimer with a Matrix Metalloproteinase-responsive Fluorescence Probe and a Tumor-homing Peptide for Metastatic Tumor Cell Imaging in the Lymph Node, K. Nagai, T. Sato, and C. Kojima, Bioorg. Med. Chem. Lett.33, 127726 (2021) DOI:10.1016/j.bmcl.2020.127726
  • Preparation of a Visible Light-responsive Gold Nanoparticle-containing Collagen Gel Microarray for in situ Cell Separation, C. Kojima, Y. Nakajima, T. Kawano, and K. Takatsuka, Res. Chem. Intermediates, 47(1), 51-60 (2021) DOI:10.1007/s11164-020-04336-z
  • Anti-reflective Biomimetic Nanostructures Formed by 2D Arrays of Silica Colloidal Particles via Self-Assembly Using Sublimation, Polymer Solidification, and Thermal Fusion, G. Kuno and K. Sakaguchi, Appl. Sur. Sci., 564, 150406 (2021) DOI:10.1016/j.apsusc.2021.150406
  • チオール変性ランダム型シルセスキオキサンとN-アリルマレイミド共重合体のチオール-エン反応による耐熱透明ポリマー材料の設計, 山本紘希, 鈴木祥仁, 松本章一, ネットワークポリマー論文集, 42(4), 139-150 (2021), DOI:10.11364/networkedpolymer.42.2_139

2020

  • Characterization of the Hydration Process of Phospholipid-Mimetic Polymers Using the Air Injection-Mediated Liquid Exclusion Methods, R. Katayama, N. Tanaka, Y. Takagi, K. Shiraishi, Y. Tanaka, A. Matsumoto, and C. Kojima, Langmuir36(20), 5626-5632 (2020) DOI:10.1021/acs.langmuir.0c00953 [大阪府立大学プレスリリース理化学研究所プレスリリース
  • Interfacial Structure Control and Three-Dimensional X-ray Imaging of an Epoxy Monolith Bonding System with Surface Modification, N. Sakata, Y. Takeda, M. Kotera, Y. Suzuki, and A. Matsumoto, Langmuir36(37), 10923-10932 (2020) DOI:10.1021/acs.langmuir.0c01481 [大阪府立大学プレスリリース掲載号・表紙
  • Rapid Photoinduced Single Cell Detachment from Gold Nanoparticle-Embedded Collagen Gels with Low Denaturation Temperature, C. Kojima, M. Nishio, Y. Nakajima, T. Kawano, K. Takatsuka, and A. Matsumoto, Polymers12(1), 213 (2020) DOI:10.3390/polym12010213  [Open Access]
  • Association of Hydrophobic Carboxyl-Terminal Dendrimers with Lymph Node-Resident Lymphocytes, Y. Nishimoto, M. Nishio, S. Nagashima, K. Nagashima, T. Ohira, S. Nakai, I. Nakase, K. Higashikawa, Y. Kuge, A. Matsumoto, M. Ogawa, and C. Kojima, Polymers12(7), 1474 (2020) DOI:10.3390/polym12071474 [Open Access]; as a part of Special Issue on “Biomedical Polymer Materials II
  • pH-Switchable LCST/UCST-type Thermosensitive Behaviors of Phenylalanine-modified Zwitterionic Dendrimers, M. Tamaki and C. Kojima, RSC Advances, 10(18), 10452-10460 (2020) DOI:10.1039/D0RA00499E
  • Singlet Oxygen Generation by Sonication Using Water-Soluble Fullerene (C60) Complex: A Potential Application for Sonodynamic Therapy, T. L. Nguyen, R. Katayama, C. Kojima, A. Matsumoto, K. Ishihara, and S. Yusa, Polym. J., 52(12), 1387-1394 (2020) DOI:10.1038/s41428-020-0390-1
  • Relaxation Behavior of Poly(diisopropyl fumarate) Including No Methylene Spacer in the Main Chain, Y. Suzuki, K. Miyata, M. Sato, N. Tsuji, K. Fukao, and A. Matsumoto, Polymer, 196, 122479 (2020) DOI:10.1016/j.polymer.2020.122479
  • Synthesis of Heat-Resistant and High-Strength Polymers by Thiol-Ene Reaction of N-Allylmaleimide Copolymers Using Glycolurea Cross-linkers with Rigid Molecular Structures, Y. Kurasaki, Y. Suzuki, and A. Matsumoto, J. Polym. Sci., 58(7), 923-931 (2020), DOI:10.1002/pol.20190188
  • Different Antifouling Effects of Random and Block Copolymers Comprising 2-Methacryloyloxyethyl Phosphorylcholine and Dodecyl Methacrylate, C. Kojima, R. Katayama, T. L. Nguyen, Y. Oki, A. Tsujimoto, S. Yusa, K. Shiraishi, and A. Matsumoto, Eur. Polym. J., 136, 109932 (2020) DOI:10.1016/j.eurpolymj.2020.109932
  • One-shot Radical Polymerization of Conjugated and Non-conjugated Monomers Accompanying Spontaneous Delay of Polymerization for the Synthesis of Double Network Hydrogels, S. Dohi, Y. Suzuki, and A. Matsumoto, Polym. Int., 69(10), 954-963 (2020) DOI:10.1002/pi.6048
  • Thermal, Mechanical, and Optical Properties of Maleimide Copolymers Containing Twisted N-Phenyl Substituents in the Side Chain, S. Nagase and A. Matsumoto, ChemistrySelect, 5(15), 4793-4801 (2020) DOI:10.1002/slct.202000901
  • Synthesis of Hydrogels with a Gradient Crosslinking Structure by Electron Beam Radiation to an Aqueous Solution of Poly(sodium acrylate), S. Dohi and A. Matsumoto, J. Appl. Polym. Sci., 46, 49515 (2020) DOI:10.1002/app.49515
  • Carboxyl-, Sulfonyl-, and Phosphate-terminal Dendrimers as a Nanoplatform with Lymph Node Targeting, Y. Nishimoto, S. Nagashima, K. Nakajima, T. Ohira, T. Sato, T. Izawa, J. Yamate, K. Higashikawa, Y. Kuge, M. Ogawa, and C. Kojima, Int. J. Pharm., 576, 119021 (2020) DOI:10.1016/j.ijpharm.2020.119021
  • 種々のエポキシ樹脂とジアミン硬化剤から得られるエポキシモノリスを用いた金属樹脂接合の耐熱性評価, 杉本由佳, 鈴木祥仁, 松本章一, 日本接着学会誌, 56(8), 303-313 (2020), DOI:10.11618/adhesion.56.303
  • エーテル結合を含む多官能チオール架橋剤を用いたN-アリルマレイミド共重合体熱硬化物の特性解析, 倉崎佑斗, 鈴木祥仁, 松本章一, ネットワークポリマー論文集, 41(3), 100-112 (2020) DOI:10.11364/networkedpolymer.41.3_100

 


著書・総説・分担執筆原稿など (Books & Reviews, 2020- )

2024

Development of Heat-Responsive Adhesive Materials That Are Stable during Use and Quickly Deteriorate during Dismantling, A. Matsumoto, Polym. J. (Review article), 56(4), 223–247 (2024)  DOI:10.1038/s41428-023-00849-7

易解体性接着材料(PBHEMA),松本章一,『高分子材料の分解制御技術』(第Ⅱ編 資源リサイクルを志向した分解制御技術,第8章)監修 粕谷健一,シーエムシー出版,79-91 (2024) [分担執筆著書]

Polymers for Functional Adhesives, A. Matsumoto、In “Handbook of Functional Polymers”, General Editor Y. Chujo, Section Editor for the High-Performance Polymers Section, T. Nishino, Springer, in press. [分担執筆著書]


2023

Understanding the Local Dynamics of Polymers at the Vicinity of Vitrification (Hot Topics), Y. Suzuki, 高分子,72(2), 50 (2023)

Polymerization-Induced Vitrification, Apparent Phase Separation, and Reaction Acceleration during Bulk Polymerization, Y. Suzuki, Polym. J. (Focus review), 55(8), 797–805 (2023) DOI:10.1038/s41428-023-00785-6

五感のインターフェース機能,松本章一,日本接着学会誌59(5), 132-140 (2023)[感性に基づくモノづくり特集号]

アクリル系透明耐熱ポリマーの材料設計,松本章一,『プラスチックレンズにおける成形・加工技術と光学材料の最新動向・応用展開』(2章 プラスチックレンズにおける工学材料技術の最新動向),AndTech,pp. 47-60 (2023) [分担執筆著書]

デンドリマーの表面修飾によるリンパ節へのデリバリーシステムの構築,児島千恵,『新規モダリティ医薬品のための新しいDDS技術と製剤化』(第6章 注目されるDDS技術、キャリアの設計,第3節),技術情報協会,284-290 (2023) [分担執筆著書]

高分子材料xドラッグデリバリーシステム ~デンドリマーナノ粒子を用いたDDS~,児島千恵,大阪国際サイエンスクラブ会報(講演要旨),Vol. 275, pp. 9-11 (2023)

エポキシモノリス材料を用いた樹脂と金属の接着技術,松本章一,『エポキシ樹脂の配合設計と高機能化:高耐熱,高熱伝導化と絶縁性,低誘電率化,強靭化』(第7章 エポキシ樹脂の接着性向上技術,第2節),技術情報協会,pp. 378-390 (2023) [分担執筆著書]

安定性と分解性を両立する刺激応答型の易解体性接着材料の開発,松本章一,『接着と剥離のための高分子設計と応用』(第1編 高分子設計,第1章)監修 松本章一,シーエムシー出版,pp. 1-14 (2023)  [分担執筆著書]

ラジカルの反応の基礎(第1編基礎編,第3章ラジカル反応と支配因子,第1節),松本章一,『新訂3版ラジカル重合ハンドブック』,監修 澤本光男,エヌ・ティー・エス,pp. 64-70 (2023)

ラジカルの反応制御(第1編基礎編,第3章ラジカル反応と支配因子,第2節),松本章一,『新訂3版ラジカル重合ハンドブック』,監修 澤本光男,エヌ・ティー・エス,pp. 71-79 (2023)

重合反応の制御(第1編基礎編,第3章ラジカル反応と支配因子,第3節),松本章一,『新訂3版ラジカル重合ハンドブック』,監修 澤本光男,エヌ・ティー・エス,pp. 80-89 (2023)

イニファータ法によるリビングラジカル重合(第2編ラジカル重合反応―反応設計と精密重合,第2章重合制御,第3節),松本章一,『新訂3版ラジカル重合ハンドブック』,監修 澤本光男,エヌ・ティー・エス,pp. 212-220 (2023)

ラジカル重合によるブロック共重合体の合成(第2編ラジカル重合反応―反応設計と精密重合,第3章 ラジカル共重合,第2節ブロック共重合,第1項),松本章一,『新訂3版ラジカル重合ハンドブック』,監修 澤本光男,エヌ・ティー・エス,pp. 298-311 (2023)

ランダム共重合(第2編ラジカル重合反応―反応設計と精密重合,第3章 ラジカル共重合,第4節),松本章一,『新訂3版ラジカル重合ハンドブック』,監修 澤本光男,エヌ・ティー・エス,pp. 342-350 (2023)

交互共重合(第2編ラジカル重合反応―反応設計と精密重合,第3章 ラジカル共重合,第5節),松本章一,『新訂3版ラジカル重合ハンドブック』,監修 澤本光男,エヌ・ティー・エス,pp. 351-358 (2023)

固相重合(第2編ラジカル重合反応―反応設計と精密重合,第4章不均一系の重合の精密制御,第7節),松本章一,『新訂3版ラジカル重合ハンドブック』,監修 澤本光男,エヌ・ティー・エス,pp. 422-430 (2023)

フマル酸エステル(第3編ラジカル重合による高分子合成,第3章 機能性モノマーのラジカル重合,第1節),松本章一,『新訂3版ラジカル重合ハンドブック』,監修 澤本光男,エヌ・ティー・エス,pp. 486-494 (2023)

マレイミド共重合体(第3編ラジカル重合による高分子合成,第3章 機能性モノマーのラジカル重合,第2節),松本章一,『新訂3版ラジカル重合ハンドブック』,監修 澤本光男,エヌ・ティー・エス,pp. 495-500 (2023)


2022

演習で学ぶ高分子科学 合成から物性まで,松本章一,西野 孝,東 信行 共著,全217ページ,講談社 (2022) [共著書]

ラジカル重合,松本章一,『高分子材料の事典』,高分子学会編集,朝倉書店,pp.548-549 (2022) [分担執筆著書]

多孔質エポキシモノリスを利用した異種材料接合技術,松本章一,『接着界面解析と次世代接着接合技術』(第2編 接着剤の開発と次世代接着接合技術, 第3章 次世代接着接合技術, 3節),監修 堀内 伸, エヌ・ティー・エス,pp. 297-313 (2022) [分担執筆著書]

アクリルポリマーの特徴と高機能化,松本章一,『高性能透明ポリマーの開発と応用』(第 2 章 高性能・高機能透明ポリマー材料, 1節),監修 谷尾宣久, シーエムシー出版,pp. 27-43 (2022) [分担執筆著書]

熱可塑性ポリマーを利用した高性能樹脂材料の設計:マレイミドおよびエポキシ樹脂の高機能化,松本章一,機能材料, 42, No. 3,pp.19-24 (2022)

バルク重合中の反応加速(トロムスドルフ効果)に関する新展開,鈴木祥仁,日本接着学会誌(総説論文),58(4), 149-157 (2022)

架橋高分子合成における最近の進歩, 松本章一, 日本接着学会誌,  58(12), 436-447 (2022)

双性イオン構造をもつ高分子ゲルを用いた組織透明化と病理診断への展開, 児島千恵, 化学工業, 73(7), 401-406 (2022)

反応を加えるたびに機能が追加されるスマートポリマー:機能を精密に制御できる新規分解性ポリマーの合成,松本章一,化学,Vol. 77, No. 10, pp. 23-28 (2022) PDFファイル

成相哲朗, 谷川 潤, 市原準二, 川村哲也, 宝来真志, 児島千恵, 住友化学2022 (技術誌), pp. 57-61 (2022)


2021

エポキシモノリスを用いた樹脂と金属・ガラスの接着接合技術,松本章一,『異種材料の接着・接合技術と応用事例(第3章 異種材接着に向けた接着剤の設計,高機能化技術 第6節),技術情報協会,pp.194-207 (2021) [分担執筆著書]

多官能チオール架橋剤を用いた高強度耐熱透明ポリマー材料の設計,松本章一,『重合開始剤,硬化剤,架橋剤の選び方,使い方とその事例』(第3章 硬化剤,架橋剤の構造,反応機構と硬化物物性の改善例,第12節),技術情報協会,pp.281-288 (2021) [分担執筆著書]

多分岐ポリマーを用いた温度応答性高分子の合成,児島千恵,『刺激応答性高分子の開発動向(第2編 刺激応答性高分子の設計・合成技術、第3章),監修:荏原充宏,シーエムシー出版,pp.25-32 (2021) [分担執筆著書]

医薬品DDSへの活用のためのデンドリマーの利点と課題,児島千恵,『医薬品におけるDDS技術開発と製剤への応用(第5章 DDS化に使用される生体材料、第2節),情報機構,pp.271-285 (2021) [分担執筆著書]

高耐熱化,松本章一,『透明ポリマーの材料開発と高性能化』(普及版)(第1編 透明ポリマーの基礎,第4章),監修 谷尾宣久,シーエムシー出版,pp.37-46 (2021) [分担執筆著書][原本2015年刊行]

三次元X線イメージング法による異種材料接合の内部構造解析,松本章一,プラスチックスエージ,67,No. 3, pp.42-48 (2021)

アクリル系透明耐熱ポリマーの材料設計,松本章一,工業材料,69,No. 3,pp.34-39 (2021)

3次元X線イメージングによる有機複合材料の非破壊観察,松本章一,武田佳彦,アイソトープ ニュース (Isotope News, 日本アイソトープ協会),8月号 (No. 779),pp.16-19 (2021)


2020

固相重合,松本章一,基礎高分子科学第2版 (第3章 高分子の合成,第4節 重合反応の制御,第4項),高分子学会編,東京化学同人,pp.107-110 (2020) [分担執筆著書]

透明耐熱ポリマレイミド樹脂のフィルム材料設計と応用,松本章一,『次世代ディスプレイへの応用に向けた材料、プロセス技術の開発動向』(第2章 フレキシブルディスプレイへ向けた透明樹脂,フィルム, 屈曲性材料の開発動向,第2節),技術情報協会,pp.46-57 (2020) [分担執筆著書]

ラジカル重合におけるポリマーの立体規則性制御,松本章一,『ラジカル重合を中心としたポリマー・微粒子・コーティング材料の合成,応用,トラブル対策』(第1章 ラジカル重合の重合理論および反応メカニズム,その解説,第2節),技術情報協会,pp.29-41 (2020) [分担執筆著書]

リビングラジカル重合を利用した易解体性接着材料の設計,松本章一,『ラジカル重合を中心としたポリマー・微粒子・コーティング材料の合成,応用,トラブル対策』(第4章 リビングラジカル重合の工業的応用,新技術,機能性微粒子・材料の作成と応用,第4節),技術情報協会,pp.264-275 (2020) [分担執筆著書]

オンデマンド型接着接合:異種材料接合と易解体性接着の融合に向けて,松本章一,高分子, 69(2), 53-56 (2020)

細胞内での液体ー液体相分離,鈴木祥仁,化学工学, 84(1), 45 (2020)

 


その他(巻頭言, 学会報告, エッセイ, 企画など)(Reports, Essay, Editing & Others, 2020- )

2024

 


2023

予想外の研究キャリア (グローイングポリマー), 鈴木祥仁, 高分子, 72(2), 66 (2023)

生体分子と「水」の関係に迫る (文部省科学研究費補助金新学術領域研研究「水圏機能材料:環境に調和・応答するマテリアル構築学の創成」テーマ:水圏とバイオ (公募) 研究紹介), 現代化学, 3月号 (No. 624), pp. 29-30 (2023)

フロイト・アドラー・ユング 心の旅への誘い, 松本章一, 近畿化学工業界 (きんか誌), Vol.75, 5月号, pp. 6-10 (2023)

「24時間戦えますか?」(提言), 児島千恵, 日本バイオマテリアル学会誌「バイオマテリアル-生体材料-」, Vol. 41, No. 4, p. 270 (2023)

『接着と剥離のための高分子設計と応用』監修 松本章一,巻頭言,シーエムシー出版,全258ページ (2023)

新訂3版ラジカル重合ハンドブック』,監修 澤本光男,編集委員 上垣外正巳,高田十志和,辻井敬亘,松本章一,エヌ・ティー・エス,全942ページ (2023)

合成高分子化学研究グループ (旧第7講座・応化第6) (研究室近況報告), 松本章一, けみすと(大阪公立大学応化会会報, 第45号 (応化創立80周年記念特別号), pp. 57-58 (2023)


2022

新年の挨拶, 松本章一, 日本接着学会誌 (巻頭言), 58(1), 3 (2022)

「鉄」学辞典 Fectionary, 第43期鉄分調査委員会編纂, 近畿化学工業界 (きんか誌), Vol.74, 5月号, pp. 5-8 (2022)

日本接着学会2022年度 (第44回) 表彰選考委員会報告, 松本章一, 日本接着学会誌, Vol.58, 5月号, pp. 32-34 (2022)


2021

新しい年を迎えて, 松本章一, 日本接着学会誌(巻頭言), 57(1), 3 (2021)

日本接着学会令和3年度(第43回) 表彰選考委員会報告, 松本章一, 日本接着学会誌, Vol.57, 5月号, pp. 53-56 (2021)

解説シリーズ23「SDGsに対応するためのポリマー材料開発最前線」を始めるにあたって, 松本章一, 櫻井伸一, 日笠茂樹,日本接着学会誌, 57(6), 242-243 (2021)


2020

五感、そしてそれを超えるもの, 松本章一, 近畿化学工業界 (きんか誌), Vol.72, 5月号, pp. 5-8 (2020) [2020年エディター賞受賞]【沖ゆくらくだ, 2020年10月号 (No. 13), pp. 21-28(学術出版印刷発行)に転載】

 


受賞・表彰など (指導学生/共著者受賞を含む, 2020- )

2024

松並杏友加 大阪公立大学大学院 応用化学分野 応化賞, 機能性ポリマーブラシを用いた表面濡れ性の制御,工学研究科物質化学生命系専攻応用化学分野 修士論文発表会,2024年2月21日(59名中4名表彰)

松並杏友加 大阪公立大学 2023年度(後期)工学部・工学研究科学生顕彰, 2024年3月22日

薄川翔太 大阪府立大学工学域 工学域長英語顕彰(TOEIC優秀成績者), 2024年3月22日

鈴木祥仁准教授 第70回高分子研究発表会(神戸)ヤングサイエンティスト賞受賞, 2024年4月8日 (7月受賞講演)


2023

松並杏友加 高分子学会年次大会 優秀ポスター賞,研究題目:BOC基保護ポリメタクリル酸2-ヒドロキシエチルブラシの作製と特性評価,2023年5月24-26日発表(ポスター発表819件中59件表彰)

一藁海都・松並杏友加 大阪公立大学個人顕彰 (学長顕彰), 2023年11月3日(団体1件,個人57件 計58件表彰)

松並杏友加 日本接着学会関西支部若手の会 ベストポスター賞, 研究題目:ポリマーブラシ側鎖官能基の保護脱保護を利用した表面濡れ性の制御,2023年12月5日発表(ポスター発表28件中3件表彰)


2022

鈴木祥仁 2021年度高分子研究奨励賞(高分子学会),研究題目:ガラス化近傍における局所的高分子ダイナミクスの解析と制御,2022年5月26日(年次大会)表彰(13件採択)

一藁海都 第42回粘着技術研究会 最優秀発表賞,研究題目:BOC保護したヒドロキシ基を含むアクリル酸エステル共重合体を用いた易解体性粘着剤の設計,一藁海都,坂本龍哉,鈴木祥仁,松本章一,講演番号 22PP-10(ポスター発表),第42回粘着技術研究会産学交流ポスターセッション,2022年11月24日(ポスター発表12件中2件表彰)


2021

松本章一 近畿化学協会 近畿化学工業界(きんか) エディター賞,「五感、そしてそれを超えるもの」Vol. 72, No. 5, pp. 5-8 (2020) [2021年1月受賞]

坂田奈菜子 大阪府立大学大学院工学研究科 応用化学分野 応化賞, 表面修飾型モノリス接合の強度制御と非破壊3次元X線イメージング, 工学研究科 物質・化学系専攻 応用化学分野 修士論文発表会,2021年2月15-16日(64名中5名表彰)

鈴木祥仁 令和3年度(第43回)日本接着学会奨励賞, 研究題目:高分子ダイナミクスの空間的・時間的不均一性の解析,2021年3月15日

冨永 蓮 高分子学会 精密ネットワークポリマー研究会若手シンポジウム 優秀発表賞, アクリル硬化物を充填したエポキシ系共連続架橋体CNPの高強度化メカニズム,冨永 蓮,鈴木祥仁,松本章一,講演番号 8, 精密ネットワークポリマー研究会第14回若手シンポジウム,高分子学会,2021年3月15日【オンライン開催】(口頭発表9件中2件表彰)

冨永 蓮 高分子学会 広報委員会パブリシティ賞,冨永 蓮,鈴木祥仁,武田佳彦,小寺 賢,松本章一,講演番号 1C21(口頭発表)発表題目「エポキシ系共連続架橋体のX線CT解析と高強度化メカニズム」,第70 回高分子学会年次大会(オンライン開催),2021年5月26-28日(5月11日受賞,全発表1092件中11件表彰)2021パブリシティー賞ポスター

冨永 蓮 大阪府立大学 2021年度(前期)学生団体・個人顕彰 (学長顕彰),2021年11月15日(団体4件,個人65件 計69件表彰)

司馬寛也 日本バイオマテリアル学会大会 優秀研究ポスター賞受賞 フェニルアラニンを有するカルボキシル基末端デンドリマーを用いたT細胞へのpH応答性デリバリーシステム, 司馬寛也,西尾美咲,道上雅孝,藤井郁雄,松本章一, 児島千恵,第43回日本バイオマテリアル学会大会,名古屋国際会議場/オンライン開催【ハイブリッド開催】,講演番号 JP4-28,2021年11月30日 (89件発表中8件表彰)


2020

辻本絢子 BioMedical Forum 2020 優秀ポスター賞, 血中滞留性をもつPEG修飾デンドリマーの水和状態, 辻本絢子,上原広貴,田中 賢,松本章一,児島千恵, 講演番号 P22,「バイオインターフェース先端マテリアルの創生」第10回シンポジウム/第8回バイオ・メディカル・フォーラム (BioMedical Forum 2020),大阪市立大学杉本キャンパス,大阪,2020年2月6日 (ポスター発表43件中4件表彰)

長井絢斗 BioMedical Forum 2020 優秀ポスター賞, スマート蛍光プロ―ブと腫瘍ホーチミングペプチドを修飾したデンドリマーによるがん細胞のイメージング,長井絢斗、佐藤辰海、長島 舟、児島千恵,講演番号 P25,「バイオインターフェース先端マテリアルの創生」第10回シンポジウム/第8回バイオ・メディカル・フォーラム (BioMedical Forum 2020),大阪市立大学杉本キャンパス,大阪,2020年2月6日 (ポスター発表43件中4件表彰)

鈴木祥仁 高分子学会Polymer Journal論文賞-日本ゼオン賞, 対象論文 Phase Separation during Bulk Polymerization of Methyl Methacrylate (メタクリル酸メチルのバルク重合中の相分離), Y. Suzuki, D. Cousins, Y. Shinagawa, R. T. Bell, A. Matsumoto, and A. P. Stebner, Polym. J., 51(4), 423-431 (2019) [DOI:10.1038/s41428-018-0142-7], 2020年2月21日受賞(3件表彰)

加納誉仁 大阪府立大学工学域 応用化学分野 応化賞, 誘電緩和装置の立ち上げ及びポリフマル酸ジエチルに特異なβ緩和,工学域物質化学系学類応用化学課程 卒業論文発表会,2020年2月26日(64名中4名表彰)

冨永 蓮 大阪府立大学工学域 応用化学分野 応化賞, エポキシモノリスを利用した共連続架橋体の合成と物性評価,工学域物質化学系学類応用化学課程 卒業論文発表会,2020年2月26日(64名中4名表彰)

片山里紗景 初辻 渚冨永 蓮 大阪府立大学 2019年度(後期)学生団体・個人顕彰 (学長顕彰), 2020年3月27日(団体3件,個人48件 計51件表彰)

坂田奈菜子 大阪府立大学 2020年度(後期)学生団体・個人顕彰 (学長顕彰), 2020年12月14日(団体0件,個人53件 計53件表彰)

辻本絢子 大阪府立大学 2020年度(後期)工学域・工学研究科学生顕彰, 2020年12月14日(団体1件,個人19件 計20件表彰)

三島隆太郎 大阪府立大学21世紀科学研究センター 分子エレクトロニクスデバイス研究所(第22回研究会)機能性有機材料開発研究センター合同オンライン研究会 優秀発表賞銀賞,示差走査熱量測定を用いたバルク重合中の反応速度解析,三島隆太郎,鈴木祥仁,松本章一,2020年12月14日

 


特許 (Patents)   

特許登録

United States Patent 11,719,606 B2, Aug 8, 2023, “Method and reagent for Clearing biological Tissue”, Chie Kojima and Akikazu Matsumoto (University Public Corporation Osaka); PCT/JP2018/025239, Jan. 3, 2018

特許公報 第7160350号「生体組織透明化法及びその試薬」, 児島千恵, 松本章一(特許権者 公立大学法人大阪, 国際出願番号 PCT/JP2018/025239, 出願日 平成30年7月3日, 優先権主張番号 特願2017-132787, 優先日 平成29年7月6日, 登録日 令和4年10月17日, 発行日 令和4年10月25日)

特許公報 第7133201号「易解体性アクリル系粘着剤及び一対の部材の分離方法」,松本章一(特許権者 公立大学法人大阪, 出願番号 特願2018-108924, 出願日 平成30年6月6日, 登録日 令和4年8月31日, 発行日 令和4年9月8日)

特許公報 第7121981号「熱分解性バインダー用のメタクリル酸エステル系ポリマー及び製品の製造方法」,松本章一(特許権者 公立大学法人大阪, 出願番号 特願2018-132746, 出願日 平成30年7月12日, 登録日 令和4年8月10日, 発行日 令和4年8月19日)

特許公報 第6918341号「基板複合体及びその製造方法」, 松本章一(特許権者 公立大学法人大阪,出願番号 特願2017-87506,出願日 平成29年4月26日,優先権主張番号 特願2016-92676, 優先日 平成28年5月2日, 優先権主張番号 特願2016-198460, 優先日 平成28年10月6日, 登録日 令和3年7月27日, 発行日 令和3年8月11日)

特許出願(登録分を除く)

国際公開番号 WO 2023/013678 Al「熱易解体性粘着性組成物又は熱分解性バインダー組成物」, 松本章一(出願人 公立大学法人大阪, 国際出願番号 PCT/JP2022/029807, 国際公開番号 PCT/JP2022/029807, 国際公開日 2023年2月9日, 国際出願日 2022年8月3日, 優先権主張番号 特願2021-129980, 優先権主張番号 令和3年8月6日)

公開特許公報 特開2020-164802「モノリス孔充填型相分離構造体」(公開日 2020年10月8日), 松本章一, 鈴木祥仁, 谷畑由紀子(出願人 公立大学法人大阪府立大学, 阪本薬品株式会社, 出願番号:特願2020-036360, 出願日:令和2年3月4日, 優先権主張番号 特願2019-064155, 優先日 平成31年3月28日)

 


アウトリーチ活動(2021年以降)

児島千恵,ロールモデル講演「DDS研究に至るまで-あるリケジョのリアル」関西科学塾A日程,2021年7月11日

松本章一,オンライン模擬授業「高分子とは何か:未来社会に貢献する高分子のかたち」,兵庫県立宝塚北高等学校,2021年10月13日

松本章一,オンライン大学訪問研修2021「未来の高分子について考えよう」,大阪府立泉北高等学校,2021年12月16日

児島千恵,第16回女子中高生のための関西科学塾F日程, 人工イクラを作ろう!),大阪府立大学なかもずキャンパス,2022年3月19-20日

松本章一,看護師研修会「人間の五感と情報伝達」,ナーシングトラスト,大阪,2022年10月21日

児島千恵,第17回女子中高生のための関西科学塾(C日程,人工イクラを作ろう),大阪,2022年10月23日


◎松本章一 2020年以前の業績:論文等リスト2013-2020  口頭発表リスト2013-2020
◎松本章一 2013年以前の業績:業績リスト1983-2013@大阪市立大学
◎児島千恵 2019年以前の業績:児島千恵業績(2019以前)  旧児島研HP
東工大児島研HP